オブジェクト指向技術

高品質、高生産性で短期開発を提供

UPによるシステム開発

オブジェクト指向技術

特徴

  • ユーザの求める真の要求を満足させます
  • 要求や環境の変化に対応できます
  • ソフトウェア開発のリスクを減少させます
  • 再利用可能なコンポーネントベースのシステムを実現します

概要

UP(Unified Process)により、品質の高いソフトウェアを効率的に開発します。

オブジェクト指向開発プロセスの実践

使用情報

より良いシステムを目指して、より良い顧客満足度の向上を求めて、先進技術に取り組みます。 オブジェクト指向分析・設計のメリットを最大限に引き出すUP(UnifiedProcess)によるシステム開発の取り組み実践します。
UPの適用による効果
従来の代表的な開発プロセスであるウォータフォール型開発では、顧客の要求通りに動くかどうかを確認できるのはシステム開発の終わりの段階になってからですが、UPで用いる反復型インクリメンタル開発では、システム開発の早期の段階でシステムの中心となる要件機能を実装/テストを行うため、「動かない」というリスクを早い段階で解決します。

オブジェクト指向技術

更に、反復(分析/設計/実装/テスト工程)を繰り返すごとに要件機能をリリースするため、リリースしたシステムを顧客に確認してもらうことで、エンドユーザの要求と開発システムが乖離してしまうのを防止します。また、オブジェクト指向設計の利点であるモジュール化のしやすさを生かしたシステムの多層化により、仕様変更/機能追加に強いシステムを構築します。

オブジェクト指向技術

コラム:UnifiedProcess(統一プロセス)
UPは、オブジェクト指向の利用を前提としたプロセスのデファクトスタンダードと位置付けられます。ベンダーツールとしては、旧Rational社(現IBM)のRUP(Rational Unified Process)が有名です。 特徴をいくつかあげてみましょう。

特徴

1.反復型インクリメンタル開発
反復型の開発とは、分析/設計/実装/テストという工程をプロジェクト期間中に複数回繰り返すプロセスです。また、反復を繰り返すごとにシステムを徐々に大きくしていく、インクリメンタル開発を行ないます。
2.アーキテクチャ中心
システム全体の階層構造やサブシステム分割、サーバ構成、システムを実現する上でのキーメカニズム(画面遷移エンジン、DBラッパー等)をアーキテクチャと呼び、プロジェクトの早期にアーキテクチャを固めておくことで、プロジェクト後半の機能追加や仕様変更によるシステムの破綻を防ぎます。
3.リスクドリブン
UPでは、様々なリスクを解消することを、プロジェクトを進めていく推進力としています。つまり、プロジェクトの計画や反復の計画、マネジメントは、その時点で解消されていないリスクのうち、重要度の高いものをなるべく早くつぶすような方向に推進していきます。
4.カスタマイズ
UPの定義は、ソフトウエア開発プロジェクトに必要となる事を網羅しているため、大規模なHTML文書で提供されますが、実際に利用する際には、プロジェクトごとに必要な部分だけを取捨選択して実施(カスタマイズ)します。
キーワード
RUP(Rational Unified キーワード: Process, UML, Unified Process, UP, アーキテクチャ, オブジェクト指向, キーメカニズム(画面遷移エンジン、DBラッパー等), テスト, デファクトスタンダード, ビジネスモデリング, モジュール化, リスクドリブン, 作成, 分析/設計, 反復型インクリメンタル開発, 反復型開発, 実装, 導入, 推敲, 方向づけ, 移行, 要求