LPWA LoRaソリューション

LoRaの「プライベート・ネットワーク」の特性を活かし、各種メーター、所在監視、災害監視、 遠隔管理などの用途で使用されることが期待されています。

LoRaの概要

lora.jpg

  • LoRaはLPWA(Low Power Wide Area)の一種であり、LoRa Allianceにより策定されているオープンな規格です。
  • 物理層の規格を「LoRa」、上位層を含めた規格を「LoRaWAN」と呼び、SubGHz帯 (日本では920MHz帯)でLoRa変調(スペクトラム拡散)を行うことにより、低速ですが、⻑距離通信が可能な規格です。
  • なお、帯域幅と拡散率を設定することで、アプリケーションや環境に応じて通信速度と通信距離の調整が可能です。 (通信速度を速くすると通信距離は短くなり、通信距離を⻑くすると通信速度は遅くなります)
項目 仕様
準拠規格 ARIB STD T-108(※1)
通信周波数 920.6MHz〜923.4MHz
変調方式 LoRa変調(スペクトラム拡散)
帯域幅 31.25kHz〜500kHz
拡散率 7〜12
通信速度 73bps〜22kbps
通信距離 〜数km(※2)

(※1)キャリアセンス時間
 5ms以上、送信時間制限=4s、休止時間=50ms、1時間当たりの送信時間の総和=なし
(※2)周囲環境、アンテナ等により変動します。

LPWAの各方式比較

  • LoRaはプライベート・ネットワークを構築できるという特徴を持っています。
  • また、利用に際しては、無線免許が不要。双方向通信が可能で、自由にネットワークを構築することが可能です。
LoRa SIGFOX NB-IoT
プライベート・ネットワーク構築 ○可能 ×不可 ×不可
免許 ○不要 ○不要 ×必要
双方向通信 ○可能 ×不可 ○可能
通信料金 - (プライベート・ネットワークのため不要) ○安い △比較的安い

各種無線規格については下記を参照ください。
無線通信プロトコルスタックソリューション
Wi-SUNソリューションについては以下を参照ください。
Wi-SUNソリューション

アドソル日進が提供する LPWA LoRaソリューション

LoRaシステム開発

  • LoRaWAN対応、アプリ、システム開発等お気軽にご相談ください。

LoRaサンプルキット(開発中)

lora001.jpg

    • LoRa対応のサンプルキット

    ・ボタン押下により、゙データを送信、簡単にLoRaの通信評価が可能

LoRaパケットモニタ(開発中)

lora002.jpg

  • USBドングル型のパケットモニタ(スニファ)。
    ・LoRaのパケットをキャプチャーし、確認できます。
    ・キャプチャデータはWireSharkに取込み、解析できます。

端末仕様(開発中)

  • USBドングル
    項目 仕様 備考
    表示機能 LED緑×1
    インタフェース USB Type-Aコネクタ
    電源 USBから給電 電源スイッチ無し
    動作環境 温度:0~40℃
    湿度:30~80%RH
    結露なきこと
    外形寸法 60×35×15mm 突起部除く
  • ボタン端末
    項目 仕様 備考
    表示機能 LED緑×1
    制御機能    ボタン×1
    電源 CR2032 電源スイッチ無し
    動作環境 温度:0~40℃
    湿度:30~80%RH
    結露なきこと
    外形寸法 43×72×15.5mm 突起部除く

関連製品

無線通信プロトコルスタックソリューション
Wi-SUNソリューションへのリンク