「第9回 VEC制御システムセキュリティ対策カンファレンス」にて講演

当社は、飯田橋レインボービルにて開催された「第9回 VEC制御システムセキュリティ対策カンファレンス」にて、講演を行いました。
また、当日は、会場内にて当社のセキュリティ・ソリューションのデモンストレーションを行いました。

DSCF4041-01.JPG
DSCF4036-01.JPG

カンファレンス概要

カンファレンス名称 第9回 VEC制御システムセキュリティ対策カンファレンス
会期 2017年5月18日(木)~5月19日(金)
10:00~17:00
会場 飯田橋レインボービル
主催 VEC(Virtual Engineering Community)
ウェブサイト

制御システムセキュリティ対策カンファレンスのウェブサイト

概要

Industry IoT システムの普及において、工場やビル、公共施設などの制御システムや制御製品を標的にしたサイバー攻撃の対策が必須となっています。
経済産業省からも「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」V1.1 が、2016年12月に公示され、産業系サイバーセキュリティセンターを創設して人材育成の強化推進も始まろうとしています。
本カンファレンスでは、企業間連携を IoT で実現するに必要な安全(Safety)、サイバーセキュリティ(Cyber Security)、インシデント検知・監視、回復(Resiliency)、制御システムセキュア改善、制御製品のセキュア化などの課題を取り上げ、IoT 時代に相応しい制御システムセキュリティ対策を具体的にどう実現したら良いかをテーマに開催しました。

講演概要

「可用性重視の制御システムセキュリティ対策」
日時 2017年5月18日(木)16:00~16:30
講演者 アドソル日進株式会社
セキュリティ・ソリューション推進部 担当部長 山西 正則
概要

VEC 制御システムのセキュリティ対策としてのポイントとして、「システムの可用性」をサイバー
攻撃から守る対策が重要になり、「可用性を守る」という観点から、「重要機能隔離」「ネットワーク分離」「データダイオード」の技術を活用したソリューションをご紹介しましたす。

展示概要

セキュリティ・ソリューション「LynxSECURE」

キーワードは「隔離」と「遮断」。
米国の、IoT 機器向けセキュリティ・ソリューション「LynxSECURE」をご紹介しました。
※講演時刻・内容は変更となる場合がございます。ご了承ください。